「囲碁本・棋書のすゝめ」として囲碁の本について考察していきます。

囲碁本・棋書

本を選ぶ基準とは?

あなたは囲碁の本をどのようにして選んでいますか?

「初段の詰碁」や「五段になるための手筋」など棋力に合うかどうかひと目で分かるものは特に人気があります。

また本のタイトルには「上達法」「必勝法」と書かれていたり、よく「簡単」というフレーズを使っていたりします。

あるいは同じ作者によって書かれた「シリーズもの」は売れ行き好調の証でしょう。

囲碁の本を選ぶ際、気を付けるべきポイントがあります。

それは何回でもスラスラ読み返せるかどうか、といった点です。

囲碁の本は小説とは違いますから、一回しか読まないのはとても勿体ないでしょう。

それこそ同じ内容を何回でも読み返してこそ、本当の価値を知ることができます。

一度だけ読んであとは本棚の肥やしというのでは、「勉強」という点において十分な役割を果たせていません。

特に「布石の極意」や「二連星必勝法」など一通り読み終えただけで「勉強した気になる」本はあまりお勧めできません。

良書であるかどうかを見極めるより先に「読み手のレベルに合った本」を選ぶことが何よりも大切です。

「三々入りの打ち方」「最新・中国流布石」など特定の布石をテーマにした本は高段者向きと言えるでしょう。

「定石覚えて二子弱くなり」という格言にも通ずるものがあります。

すなわち打つ手の意味を理解せず、ただ手順を追うようでは勉強するには時期尚早であるということです。

囲碁は自由な発想ができるからこそ、自分自身の頭でよく考えなければなりません。

ただ漫然と本に書かれている手順を追いながら、覚えた形を打つようでは意味がありません。

自分の頭を使って考えないことには、書かれている内容の本質的なところは何も身に付かないでしょう。

一手一手、一連の流れの意味を的確に掴めなければ、せっかく一生懸命勉強しても伸び悩んでしまいます。

ただし例外として初心者、初級者はどんどん布石や定石を勉強するべきです。

「自由に好きな場所へ打ってください」と言っても始めたばかりの方には19路盤は広すぎます。

まずは基礎だと思い、できるだけたくさんの形を覚えることに専念しましょう。

その点、中級者は本に書かれていることを「ただ覚えるだけ」というのは得策ではありません。

本の内容をそのまま頭の中に落とし込むのは、たとえ有段者であっても簡単ではないのです。

ましてや一度読んだだけで「もう十分」という本を何冊買っても知識として頭に定着させるのは難しいでしょう。

読みやすさが大事

囲碁の本を選ぶときは「薄い本」「簡単すぎる本」にするのがベストです。

誰しもせっかく買うならと言って「分厚い本」「難しい本」を選んでしまいます。

そういう本に限って、一通り読み終えた後は本棚の肥やしになりがちでしょう。

一度でも全ページを読み切ることができれば、それだけでも大したものです。

書店で立ち読みして解けそうな詰碁や手筋の本を買ってきたとします。

しかしいざ家で解こうとしても一向に進まず、「もう少し強くなってから解こう」と諦めた経験がある方も多いのではないでしょうか?

実戦において勝敗を分けるのは、石のぶつかり合いによる読み筋です。

それは詰碁や手筋の本に出てくるような難しいものではありません。

アタリが見えているか?

シチョウ・両アタリ・ゲタを正確に打てるか?

二線に追い詰める手をしっかり読めているか?

それだけです。

勿論、高段者の実戦には簡単な形だけではなく、時には難しい形も出てきます。

しかし難しいとはいっても、級位者にとって「難しい」と感じるだけのことです。

初段の方の実戦には一ケタ級の方が「難しい」と感じる形はほとんど出てきません。

とはいえ仮に10級の方が一局のうちに簡単なミスを10回するとしても、初段の方はその簡単なミスを1回たりともしません。

アタリのような簡単な読み筋をたった1回見損じするだけでも、初段同士の勝負では致命傷になりかねないのです。

例として、1級vs10級の9子局を思い浮かべてみてください。

上手にとっては何でもない読み筋でも、下手は凡ミスを繰り返します。

そして下手のミスする回数はちょうど置き石の数と同じくらいになります。

その置き石分のミスによって9子のハンデがなくなり、最後は良い勝負となるのです。

有段者になると少し事情が変わってきますが、本質的な話は同じでしょう。

とにかくミスをなるべく減らすのが勝敗を左右する最重要事項ということです。

棋力に見合った本を選ぶ

そろそろ本選びの話に戻りましょう。

五、六段の方にお勧めなのは1級、初段レベルの詰碁です。

初段の方なら4,5級レベルの詰碁で、4,5級の方ならもっと初歩的な詰碁に取り組むとよいでしょう。

囲碁雑誌に載っている昇段、昇級問題も同様ですが「解けたら〇段、〇級」というのは基本的に熟読を前提としています。

時間を使ってその棋力の方がギリギリ解けるであろう問題を昇段・昇級認定では扱っています。

また詰碁の本には「何分で解けたら〇段、〇級」と設定しているものがあります。

そういった本では一問ごとに決められた時間が違います。

だいたい1分(ひと目)、3分、5分の3パターンです。

仮に平均時間、一問3分で解くとしましょう。

200問収録の詰碁を一問3分で解くと、一冊を読み終えるのに10時間もかかります。

さらに解答を見ながら確認する時間を合わせるとそれ以上の時間を費やしてしまいます。

最後まで読み終えたら、あとは3周・5周・10周、それ以上こなせるかどうかです。

おそらく詰碁を苦手とする多くの方が挫折してしまうでしょう。

では、高段者が初段の詰碁を解くのにいったいどれくらい時間を要するのでしょうか?

平均すると一問に1分もかかりません。

高段者であれば、初段の詰碁は余裕でサクサク解けます。

200問あっても1,2時間で読み終えてしまうでしょうね。

自分自身の棋力よりレベルを落とした本を選ぶことで、最後まで大した苦労もせず問題をこなせます。

そしてこの「簡単に解ける問題を繰り返す」というのが上達には欠かせません。

一問解くのに5分もかかる詰碁の問題は果たして実戦で役に立つのでしょうか?

アマチュアの大会では、持ち時間40分切れ負けのルールを広く採用しています。

40分の対局において1つの死活に5分も費やしていては、持ち時間をあっという間に使い切ってしまいます。

一局の中でも大事な時間を使う勝負所というのは、せいぜい1,2か所くらいのものでしょう。

それよりも一目でパッと見えるような「基本的な詰碁および手筋」のほうが実戦では何倍も役に立ちます。

一局の総手数はだいたい200手くらいですから、それぞれ100手ずつ打つ計算になります。

持ち時間40分の大会において、一手に30秒も時間をかけていられません。

実戦では一手あたり20~30秒を目安に打つ必要があります。

問題集だからといって何分も時間を使うのは、とても実戦的とは言えないでしょう。

※ただし5分かかる問題の解答には数手かかるため、一手に換算するとそこまで時間はかかりません。

ここまで詰碁、手筋の話を中心に説明してきました。

囲碁の本には他にも「上達のエッセンス」といった内容のものがあります。

そのような本であっても自分自身のレベルに合う、理解して応用が利くようなものを選ぶほうが無難でしょう。

自分自身に対する背伸びや見栄は上達の妨げにしかなりません。

背伸びをした挙句、途中で嫌になってしまうことはよくあります。

それでは結局、本から学び取るチャンスを減らすだけであり、本末転倒でしょう。

日々の生活の中で楽しく囲碁に取り組むことが何よりも大切なのです。

コツコツ勉強に励んで、対局が終わったら相手と世間話でもして談笑しましょう。

そうすることで楽しみながら自然と上達することができます。

囲碁の本選びは勉強のモチベーションを下げないように簡単なものを選びましょう!

もし本棚の肥やしになっている本があるのなら、ぜひ読み返してみてください。

過去に挫折した本を今になってサクサク読み進められるなら、それはあなた自身が認める上達の証です。