「囲碁上達できない人の特徴とは何か?」について考察していきます。

囲碁上達しない人の特徴

知識の見直し

あなたは囲碁を始めてからどれくらいの年月が経っていますか?

初めの頃は「よし、1年で初段になれるように頑張ろう!」と息巻いて始めた方も多いことでしょう。

しかしなかなか上手くいかず、気づけば3年、5年、あるいは10年近く、またはそれ以上経っているかもしれません。

もちろん人によってはとうの昔に初段を超えて、有段者の領域に入っている方もいます。

ただ依然として巷には級位者が溢れており、「隠れ囲碁ファン」の中にも級位者の方が多いことと察します。

初めのうちはとにかく対局を重ねるしか上達の道はありませんが、さすがに数年も経つとそれ以外の原因も探らなくてはいけません。

特にネット対局で1000局以上打っているにもかかわらず、未だ級位者の方は根本的なやり方を見直す必要があります。

毎日のように碁会所通いしている方も同様です。

1日の対局数を5局として定休日を除く6日で30局、1ヶ月で120局近く打っているとしましょう。

定年を過ぎて碁会所通いしている方はこれくらい打っていても何ら不思議ではありません。

そういう方は1000局など1年以内に軽く越えてしまいます。

にもかかわらず、2~3級または5級以下というのは明らかに打ち方を見直す必要があります。

いくら楽しみで打っているからといって、少しも進歩しないのではいずれ飽きてしまうでしょう。

少しずつでも確実に強くなっている実感が湧くからこそ、続けようという意欲にもつながります。

囲碁は特別何か身体を動かすようなことはありませんから、盤上における考え方を変えればすぐにでも上達することができます。

とはいえ人間である以上、今まで培ってきた知識や経験を見直すのは並大抵のことではありません。

例えば「石を囲って取る」ことを覚えると「石をくっつける」動きを積極的に取ろうとします。

すると「地を囲う」ために「石を離して打つ」ことができなくなります。

石を取ったり、取られたりして成功や失敗を体験した人ほど、「布石」の考え方を同時に取り入れるのは難しいでしょう。

「地を囲う」ために「広い場所(空間)」を目指すことと、「石を囲う」ために「相手の石に近づく」ことは一見して別のことに感じます。

有段者の方は「先手(先着)」「攻め」「出入り」など、知っている知識を総動員すればこの矛盾を説明できるはずです。

まず「先着」して自陣の勢力圏にすることで、将来的に地を囲いやすくします。

次に相手が入ってきたら攻める、「攻め」とは「相手の地を減らす(囲わせない)」ことです。

地を囲えないということは、すなわち「眼を作れない」のと同じです。

囲碁は自陣の勢力を拡大していき、最終的により多くの地を囲おうというゲームです。

勢力圏では地だけではなく、当然ながら石も囲いやすくなっています。

だから基本的には石取りは「後の先」となります。

相手が勢力圏に近づくのを待って攻める(眼を奪う)、近づかなければそのまま地を囲います。

そして勢力圏がぶつかり合うところでは地の「出入り」が一番大きく、中盤の競り合いは逃せない「急場」です。

つまり囲碁は「勢力を争うゲーム」と言い換えることができます。

「勢力を拡大」さえすれば、石を囲いやすく地も囲いやすいでしょう。

そう考えると「広い場所(空間)」を目指すのも「相手の石に近づく」のも決して矛盾するものではありません。

勢力を作るために大場へ向かい、勢力を拡大しながら相手の勢力を削ぐために「接点」まで近づきます。

戦いは勢力の拡大と縮小、すなわち「出入り」のために打ちますから、無理に石を取る必要はありません。

ただし取れるなら、勢力拡大に大きく貢献します。

このように「今まで培ってきた知識や経験」を整理してまとめるのはとても大変なことです。

盤上ではそれを「具体的な着手」として考えなくてはいけませんから、さらに考えをまとめるのが困難になります。

大切なのは「考えること」であり、思考停止して打ってはいけません。

いつも同じようなやり口を続けているようでは、いつまで経っても進歩は望めないでしょう。

慣れるまで実践する

上達できない人の中には「知識過多」の方もいらっしゃいます。

様々な棋書を読み漁り、さらなる知識を求めていろんな先生に師事し、そのためにどこへでも出向きます。

こういう方は上達してきた「実感」があるからこそ、時間やお金を惜しまずに知識を得ようとするのです。

実はこのやり方も一種の「ワンパターン」であり、上達を遅らせる原因になります。

囲碁はあらゆる情報を網羅することが必要な反面、知識の詰め込みは着手の躍動を阻害します。

「考えて打つ」ことが大切であり、それ以上に「考えずに打てる」ことが重要なのです。

常に「反対」の要素を取り入れる「柔軟な」思考に加え、1つのことをやり続ける「一貫した」態度が求められます。

これらは決して矛盾するものではありません。

宇宙空間より広く、多くの変化をもたらす囲碁にとって「矛盾」など些細なことです。

世の中「ダブルスタンダード(二重規範)」が多く、もやもやしている方も多いでしょう。

しかし囲碁の考え方は「ダブル(二重)」「トリプル(三重)」では利きません。

いろいろな視点からアプローチすれば、それこそ様々な考え方を提唱することができます。

学ぶ側としてはいちいち矛盾が生じるので混乱してしまいます。

学び方のコツは「1人の先生に師事する」ことです。

恐らくその先生の言うことにも多くの矛盾が生じていることでしょう。

とはいえ、囲碁とは本来そういうものと開き直るしかありません。

より多くの疑問を解決するため、たくさんの知識を詰め込むのは逆効果になります。

なぜならいろんな角度から学んだ知識を見るのは、それなりの「慣れ」が必要だからです。

代表的な例として「捨て石」を挙げましょう。

石取りを学んだ方がすぐに「石を捨てる」のは無理難題というものです。

「小を捨て大に就く」と言えば分かった気になりますが、実戦的に何が「小」で「大」なのか判断が付きません。

上級者は盤上を複合的な視野で捉えているため、捨て石をつい簡単なことだと思ってしまいます。

しかし捨て石1つ取っても「大局観(目数)」や「部分的な読み(捨て方)」が必要です。

「1線、2線の石は捨ててもよい」とはいっても、布石ではなくヨセで捨てていたらおかしなことになります。

そもそも盤上における「大きい」「小さい」といった判断はすべて「相対的」なものです。

「種石」の1子が大きいこともあれば、「カス石」の10子が小さいこともあります。

囲碁に限らず、世の中のノウハウには必ず個人の「知見」が含まれています。

その人自身の知見に基づいた「見識」を語っているため、体得するのは一朝一夕ではないでしょう。

結論を急がない囲碁の考え方とは?

※知見、見識について詳しくはこちらをご覧ください。

囲碁の動きはすべて関わり合っていますから、1つの視点ではどうにもなりません。

とはいえ、すべての情報を網羅することなど到底不可能でしょう。

上級者、有段者の方でも少しづつ「慣れて」いったからこそ、長年培ってきた知識を織り交ぜて使いこなせるのです。

そのため、まずは1つ1つの知識を確実なものにしていくことが上達への近道になります。

物にならないうちから、いろんな情報や知識に手を出してはいけません。

ただただ混乱するばかりであり、または学んだつもりで自己満足するだけです。

1冊本を買ったら3回以上は読み返して、教室に通ったら3年以上は学び続けましょう。

新しい布石や定石を覚えたら30回以上は実践し続けてみましょう。

知識を多く求めすぎるのは「飽きっぽい」ということでもあります。

「今、巷で話題の〇〇ダイエット」をしたかと思えば、今度は「絶対に痩せる〇〇サプリメント」を買ったりするのと大差ありません。

「良いものは全部同時にやればいいじゃない」と仰る方もいることでしょう。

しかしそれでは何が一番効果があったのか、検証することはできません。

効率よく勉強したいのであれば、今のあなた自身に見合った勉強方法をひたすら実践することです。

石が捨てられない方は目を瞑って手抜きして、ヤキモチを焼いて相手の勢力圏に入ってしまう方はなるべく囲わせるように努めましょう。

1つ1つ時間をかけてクリアしていくことで、それらの知識を盤上で掛け合わせることが次第にできるようになります。

試みる意欲

囲碁を上達するには「試してみる」という心構えが必要不可欠でしょう。

失敗を恐れず、何事にも挑戦してみる態度こそ上達の歩みを速めます。

逆にいつまでも進歩しない方は「無難に」事を収めようという姿勢です。

日本人は物事を「うやむや」にしておき、時間に解決をゆだねる傾向があります。

それはそれで立派な「美徳」であり、否定できるものではありません。

しかし囲碁に限っては良し悪しをはっきりさせたほうがよいでしょう。

なぜなら囲碁というゲーム自体が「よくわからない」ものだからです。

曖昧なものをはっきりさせなくては、結局のところ訳が分かりません。

社会では問題が浮き彫りになっていることが多くても、囲碁は何が問題なのか論点を見つけ出すところから苦労します。

とりあえず勝敗を決して、それを基に「検討」して問題を明らかにしていくのがセオリーとなっています。

ただ実戦であまりにも大人しく打っていると、あとで検討する材料を得ることができません。

「こう打ったらどうかな?」

「でも失敗すると嫌だからやめておこう」

こういう態度では実戦的な知識を蓄えることができず、ましてや経験を積むことなどできるはずもありません。

わからないことには果敢に挑戦して、その結果を検証することが大切です。

今の時代は「良いとされるもの」にしかお金を出しません。

ネットの評判(レビュー)を見て「あれにしよう、これにしよう」といった具合に自分の目で確かめる前に情報を得ようとします。

評判が悪ければ、当然ながら誰一人見向きもしません。

「布石で1線、2線に打つのはよくありませんよ」と教われば、誰も最初からそこには打たないでしょう。

しかしそうやって確かめる前から「やらない」という考え方は一見、効率的なようで実はそうではありません。

いくら知識を詰め込んでも、結局のところ実践しないことには頭に入らないのです。

昔、数人の友達と「初手2-2」を研究したことがありました。

その結果「最善とは言い難いけど、十分有力である」という結論に至りました。

それから時を経て、ネット観戦していると九段の方が布石の段階で「辺の二線」に打っているのを見かけました。

その棋譜をプロの先生に見てもらったところ「最善とは言い難いけど、十分有力である」という回答をいただきました。

やはりネット碁で九段の実力ともなると、いろいろな可能性を試さずにはいられないのでしょう。

そしてその飽くなき探求心、試みる意欲こそ上達するために欠かせない要素の1つになります。

AlphaGoや他のAIも初めから強かったわけではありません。

何千万局という膨大な対局を重ねてあらゆる着手を検証した結果、あの強さとなったわけです。

誰しも初めから上手くいくことはないでしょう。

そう頭では理解していても、失敗するかもしれない試みにはやはり勇気が要ります。

よく「失敗を恐れずに」と言いますが、恐れない挑戦など何の価値もありません。

チャレンジする価値があるのは「失敗が怖い」と思う試みだけです。

失敗する不安を抱えながら、されど実践することで余計な不安を解消していきます。

「何事も恐れながら前に進む」というのが、一番よい歩み方なのかもしれません。

毎日、毎日同じことを繰り返していては、せっかく囲碁を打っていても脳細胞が活性化しません。

「打つたびに同じ碁がない」のは、あなたと相手が創意工夫を持って毎回対局に臨んでいるからです。

「わかりやすさ」も囲碁を打つ上で大切なことではありますが、それだけでは足りないでしょう。

「難しいな」「厄介だな」と思えることにも果敢にチャレンジすることによって得られる成果は大きいのではないでしょうか?

目指す頂が高ければ高いほど、山頂付近は急勾配になります。

きつくても地道に歩みを進めていけば、いつの日かきっと目標を達せられます。

そう強く信じて、日々の勉強に勤しみましょう。

「必ず上達するんだ」というブレない気持ちこそ、上達に欠かせない糧と言ってよいかもしれませんね。