「捨て石できない人の心理とは何か?」について考察していきます。

囲碁における捨て石できない人の心理

局面の変化を捉える

あなたは石を捨てることができますか?

それともせっかく打った石を捨てることができませんか?

囲碁において捨て石というのは「高等戦術」に値します。

なぜなら石を「取られる」のではなく、「取らせる」行為だからです。

また正確には「仕方なく捨てる」わけではなく、「積極的に捨てる」「計画的に捨てる」というのが捨て石の特徴でもあります。

囲碁を始めたばかりの方に捨て石の妙を伝えることなど到底できません。

それどころか級位者の方で「捨て石が得意」な方は稀でしょう。

皆さんが石を捨てられないのは当然のことです。

それは「そもそも捨てるつもりで打っていない」ことに他なりません。

囲碁はよく「陣取りゲーム」と言われます。

最終的に「地」を構築していくために盤上に「石」を並べていきます。

地を囲うための石を誰が好き好んで取られたりするでしょうか?

皆、盤上の石を最大限「働かせたい」と思って打っています。

しかし盤上の経営が上手くいかず、やむを得ず「捨てる(リストラ)」選択肢も行使しなくてはいけません。

1つの石を無理に生かそうとしては、共倒れで全滅することもあり得ます。

「仕方なく」捨てることができるようになれば、あなたは中級者以上と言ってよいでしょう。

とはいえ捨て石の本質は「積極的に捨てる」もしくは「計画的に捨てる」ことです。

場合によっては「四隅の石(星・小目)」を捨てる展開になることもあります。

もちろん初めから捨てるつもりで打っているわけではありません。

大切なのは「状況の変化」であり、「場合による」対応力が問われます。

どうしても地を争いながら石を競っていると「働きの悪い石」が出てきます。

あるいは「利き筋」としてピカピカに働く石でありながら「捨てることになる石」も出てきます。

サスペンスドラマで「ヒントを残して死んでいく人」や戦争映画の「オレに構わず先に行け」という場面と同じようなものです。

先につながる道筋を残してくれるのが「捨て石」の真骨頂と言えます。

逆にただ取られて、その先に何も残らないのは「取られ」になります。

言い方は悪いですが「ゴミ石」と言ってよいでしょう。

「種石(大事な石)」に対しての「カス石(不要な石)」なら

「捨て石(名誉ある死に)」に対しての「ゴミ石(無駄死に)」というわけです。

石の働きは単に「生き方(地)」だけではありません。

「死に方」こそ重要であり、「生き方(地)」につながる大切な要素でもあります。

しかし分かっていても実際にはそう簡単に捨てられるものではないでしょう。

今まで培ってきたものを捨てるのは並大抵ではできません。

しかもただ捨てるのではなく「働かせて捨てる」わけですから尚更です。

捨て石にするときには「切り違い」をよく使います。

相手の石を脅かすことで「手間をかけて取らせよう」という作戦になります。

「切り違い」が捨て石の「発動条件」と言っても過言ではありません。

場合によっては「捨てずに戦う」こともできますし、相手が取りにくれば「上手く捨ててしまう」こともできます。

いずれにしても「生かすも捨てるも展開次第」であり、局面の変化を捉える目が必要不可欠でしょう。

ノウハウを学ぶ

捨て石を扱えるようになるには「成功体験」を積まなくてはなりません。

一局のうち、石を取ったほうがよい場面の割合は「約8割」でしょう。

お互いに「石を働かせよう」としているわけですから、当然ながら相手の石を取れば有利になります。

しかし期せずして「陣笠」や「ダンゴ石」などの愚形の石を抱えてしまうことがあります。

そういう働きの悪い石は早々と「お役御免」にしたいところですが、なかなか上手くいきません。

石が大きくなればなるほど「地を損してしまう」という感情が働き、余計に身動きが取れなくなるものです。

また厳しく攻められて「何とか生きた」ことを「成功(失敗しなかった)」と捉えてしまうことがあります。

私が級位者の頃に同じような体験を何度もしています。

上級者の方から局後の感想戦で「ここは生きても眼二つだから、逃げないほうがいいよ」というアドバイスを受けました。

そのときは「石を取り損ねたからって、何を負け惜しみを言ってるんだ」くらいにしか思いませんでした。

実際には地合いで大差負けしています。

それでも「石を取られなかった=成功」という判断を下していました。

当時の私に「捨て石」を上手く説明しようにも難しい問題があります。

それは「読みの力」です。

先々のことが見えているからこそ、未来への投資ができるのです。

狩猟民族(縄文人)に対して農耕民族(弥生人)が「畑耕そうぜ!」と言ってもすぐには理解してもらえないでしょう。

農耕ならまだしも「その時々で結果が変わる」囲碁において、捨て石とは相当ハードルの高い投資と言えます。

「私は石を捨てられません」という方は「私は先のことが読めません」と言っているのと同じことです。

囲碁における読みとは「パターン認識」ですから、対局数の積み重ねが欠かせません。

囲碁における読みとは?

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

捨て石とは結局のところ「手が読める有段者」の技であって「手が読めない級位者」には扱いこなすことができません。

人は不安を抱えて将来に投資などできないものです。

「ファーストペンギン」のように集団の先頭を行く人はある程度「先のこと」が読めています。

ただやみくもに「ここは捨て石だ!」と言って打ってみても、成功より失敗する数のほうがはるかに多いでしょう。

何のノウハウもなく、畑を耕したところで得るものは何もありません。

かといって今のまま石を捨てられない状態が続くようでは、打つ手の選択肢を広げることはできません。

実は読みの力が足りなくても「捨て石」を実戦で上手く活用する方法があります。

それは「捨て石含みの定石」を覚えることです。

囲碁における定石とは、いわば武道の「型」のようなものです。

それ1つ覚えたからといって、勝負に勝てるわけではありません。

しかし「型」の中には大切な「ノウハウ」がぎっしり詰まっています。

囲碁なら「手筋」「死活」「筋や形」「捨て石等の手法」が挙げられます。

捨て石を自分自身の判断でしようと思うから上手くいかないのです。

だったら「定石」という名を借りて、手順通りに捨て石を行えばよいだけのことでしょう。

相手が手順通りに打たないことも想定して、枝葉の研究も怠らないようにしましょう。

捨て石だけではなく、別パターンの変化も合わせて覚えるとより効果的です。

なぜ定石を覚えたほうがよいのか?

※詳しくはこちらをご覧ください。

技術とメンタルを切り離す

物事において厄介なのは「メンタル」が事の成否に大きく関わってくることです。

特に勝負事では相手に気後れしているようでは話になりません。

また妙に強気だったり、己の力を過信し過ぎるのもマイナスに働きます。

勝負におけるベストな状態とは「落ち着き払った冷静な態度」に他なりません。

余計なことを考えたり、注意力が散漫していては最高のパフォーマンスを出し切ることはできません。

つまり持てる力を存分に活かすには「技術とメンタルを切り離す」ことが必要不可欠となります。

はたしてそんなことが可能なのでしょうか?

もし揺れ動く心に左右されない打ち方ができれば、捨て石を機械的に行うのも容易でしょう。

これは訓練次第で誰にでもできるようになります。

ちょうど打ち碁の並べ返しや目算のように「やらない」だけで「やればできる」ことです。

まず「勝つこと」を考えるのではなく、頭を「よい碁を打つこと」に切り替えます。

そのためには「姿勢を正す」「深呼吸をする」「手を膝の上に置く(または組む)」ことを実践します。

この3つを実践している方は囲碁人口の1割にも満たないでしょう。

「テーブルに肘をつく」「手拍子で打つ」「碁笥に手を突っ込む(そしてジャラジャラさせる)」ようでは、とても冷静に打っているとは言えません。

「姿勢の悪い方は上手くならない」とは言いません。

打つ姿が美しくなくても、マナーが悪くても「強い人は強い」というのが真理です。

ただそういう方は「感情的になりやすい」傾向にあります。

感情的というのは時に「爆発力」を生みますから、決して悪いばかりではありません。

ただし技術としては「安定しない」でしょう。

「えい、やあ」と打っていつも上手くいくなら誰も苦労はしません。

安定して力を出し切るには「冷静さ」が何よりも大切です。

どうも「石を捨てられません」という方は「感情的な人」が多い印象を受けます。

逆に捨て石を理解しようと努める方は大抵「聡明な人」が多いのではないでしょうか?

あなた自身も含めて、あなたの周りにいる方をよく観察してみてください。

「私、石が捨てられないのよ」という方が「早打ち(手拍子)」かどうかは1つの判断基準になります。

「癖」というのは「感情」と深く結びついています。

そして「悪癖」を正すには感情とのパイプラインを一刀両断にしなくてはいけません。

いくら高度な技術を覚えても、使いこなせなければ「習得」したことにはなりません。

ましてや「習熟」するには「感情のコントロール」が必須になります。

スポーツ(テニスやゴルフ)とは違い、囲碁はいくらでも心を落ち着かせる暇があります。

相手が考えている最中、あなたは何をしていますか?

「次どう打ってくるかな?」「早く打たないかな」なんて考えている暇があったら背伸びの一つでもしてみましょう。

あなたが気づかないうちに冷静さを失い、持てる技術を出し切れず、結果として「捨て石」という選択肢を選べないかもしれません。

「私は石を捨てることができません」というのは、あなたが「石を捨てられる状態にない」ことが1つの原因です。

人は熱くなればなるほど「ギャンブル的な思考」に陥ってしまいます。

「一か八か」「損した分を取り返そう」といったように後先を考えられなくなります。

しかし冷静になればなるほど「投資的な思考」ができるようになります。

「小を捨てて大に就く」「損して得とれ」という着想こそ「捨て石」の根本的な考え方なのです。

気持ちが先行していては冷静な判断を下すことはおろか、部分的な読みも疎かになってしまうでしょう。

精神を統一して、心安らかに落ち着き払ったよい碁を打ちましょう。

そのうち次第に邪念が消え去り、頭の中がクリアになって盤上を広く見渡すことができます。

そうなれば「捨て石できるマインド」になっています。

「絶対に勝ちたい」「負けたくない」という気持ちは対局開始と同時に碁笥の傍らにでも置いておきましょう。

ただひたすら盤面に集中し、形の良し悪しを見定めることによって培ってきた技術が大いに役立ちます。

まずは対局に臨む「気持ち」を整理することから始めてみましょう。