パンダネット初段vs初段の棋譜解説をしていきます。

 

布石解説

黒1,3の両小目に白2とタスキ型を回避するように打ち、白4の喧嘩小目に打ちました。

喧嘩小目とはお互いに向かい合った小目であり、先にカカリを打ったほうが有利になります。

黒5とシマリを優先したのは、次に左上隅へのカカリと右下隅への両ジマリを見合いにしているからです。

もし先に左上隅にカカリを打つと、白は受けずに右上隅にカカッてきます。

コミの負担がある黒にとって、戦いになるのは先番の有利を活かせるので歓迎します。

とはいえ、焦らずとも一手先行している優位は揺るぎません。

白6のシマリに黒7は「高い中国流」の位置になります。

白8は入る場所も入り方もよくありません。

一路控えて「星脇」に打っても黒9と「鉄柱」にするくらいのものです。

それから黒10と「一間トビ」に打つほうがはるかにスマートでしょう。

白8のカドでは黒9と押さえられてダメヅマリになり、白11のコスミツケに黒12と戻らざるを得ません。

白8が一間トビの位置であれば、白11のコスミツケに黒13と中央のノビキリを打てたはずです。

黒13のハネで頭を叩かれるのは、序盤早々部分的に不愉快な形をしています。

単に部分的な話だけではなく、大局的にも白の形は感心できません。

シマリの背中と黒7の「6間幅」に追いやられており、下辺に向けて厚みを構築されています。

白14のハネ返しには黒15の二段バネに打ち、さらに白16の二段バネには黒17の切りを打ちます。

黒19のカタツギで両アタリを防ぎ、白20の抱えには黒21のアタリから切り込んだ一子を取らせます。

黒21では一子を逃げ出すこともできますが、右上隅のシマリに迷惑をかける心配があります。

それなら黒21のアタリと将来的に「ノゾキ」を利かす形を取ったほうが得策と見たのでしょう。

ちなみに黒17の切りを打たずに黒19とツグのは白にカケツギを打たれます。

すると黒21のハネしか利きがなくなるので、黒17と切って取らせるのは大いに利かしになっています。

白22のツギまで戦いがひと段落したので、黒23と下辺に先着しました。

白22で黒一子を抜くと「ノゾキ」を打たれずに済みますが、今度はカケて封鎖されてしまいます。

ここで一旦、黒7と右辺に構えたところまで遡ってみましょう。

白はシマリの背中と黒7の「6間幅」を「一手」かけて打っているのがわかります。

そして黒も下辺の11間幅に「一手」かけています。

盤上全体を「場所」として捉えるなら、どの場所に「一手かけている」のか判断することができます。

すなわち「黒、白」または「白、黒」と交互に打った着手は「一手」とカウントせず「0手」と数えます。

なぜなら「黒、白」の交換は黒の先手であり、1つの場所に「一手もかかっていない」からです。

「黒、白、黒」となれば、黒がその場所に一手かけて打っていることになります。

囲碁は石のぶつかり合いで複雑になっていきますが、根本的な考え方は変わりません。

根本的な考え方とは「陣取りゲーム」ということです。

「石取り」が絡むと部分的な「形」ばかり見てしまいがちですが、ひと段落後の「先手」を意識しながら盤上全体を見渡してみましょう。

黒としては白10のとき下辺に先着してもよかったのです。

または白12,14のときでも手を抜いて構いませんし、そもそも白8のときに手を抜いてもよかったでしょう。

黒9を打たずに手を抜いた場合どうなりますか?

その答えは簡単です。

白8、黒23、白9となります。

そして黒は左辺のワリウチに一手かけます。

すると「手割り」は黒7と白8が相殺されて、右辺は白9の「ワリウチ」に一手かけているのと同じです。

つまり黒7では下辺のヒラキ、次に白は右辺のワリウチ、そして黒が左辺のワリウチに回ったという流れになっています。

このように石のぶつかり合いに惑わされない「場所取り」で盤上を捉えると視野が一気に広がります。

黒23まで「6間幅」に打った白と「11間幅」に打った黒では、どちらが勝るのか言わずもがなでしょう。

中盤解説

単純な「場所取り」だけではなく、当然ながら石の競り合いによる「優劣」もつきます。

右辺の攻防は中央へ向かう黒の厚みが素晴らしく、対して白はまだ「薄み」になる可能性が残っています。

ゆえに黒は先手で「有利な交換」をしてから下辺に回ったことになります。

右下隅はもはや「カカリ」で堂々と入る状況ではないため、白24とツケて荒らしにいきます。

隅は三々が根拠の要点になっているので、黒25のハネでは黒26と三々にサガリを打っているほうが厳しかったでしょう。

黒27のアタリは打たず、単に黒29とツグのが筋のよい打ち方です。

基本的にアテる可能性が「2つ」あるときは保留にしておくのがセオリーとなります。

黒21のアタリでは黒22とアテる可能性がほとんどないので、すぐに利かしても構いません。

黒29のツギに白27のノビなら、二線にハネる急所が残ります。

また黒29のツギに白28のカタツギであれば、次に黒27に打つ必然性はないでしょう。

こうやって一手一手ロジック(論理)を積み重ねていくことが、パズルのように楽しいのです。

白24~34まで、白は右下隅の荒らしに「一手」かけました。

黒35のカカリは左辺から打つべきでしょう。

下辺から打つのは「5間幅」を打っていることになり、左辺の「11間幅」よりも狭くていけません。

とはいえ黒模様を立体的に捉えるのなら、下辺の盤端を利用して中央へ進出するのも悪くありません。

問題は黒37で続けて下辺の黒模様を構築せずに左辺へ向かったことです。

下辺~中央の黒模様は「一手」で消すことはできません。

そのため慌てて囲わずともよいのです。

もちろん白36を低く小ゲイマ受けすれば、黒37では下辺を一間トビするつもりだったのでしょう。

白36が高い一間受けだったため、今度は中央ではなく「スソ」を狙って寄り付いたのでしょう。

しかし大局的な視点からすると、石の方向がよろしくありません。

白38は「大甘」な緩着です。

まずは黒37の一子をハサミます。

白は左辺の星、または星下から黒一子に迫り、黒が一間トビした調子で左下隅の頭を出していきます。

そのときも白38のような「犬の顔」ではなく、一間トビして堂々と出て行くのがよいでしょう。

そうすると自然な流れで下辺の黒模様を消すことができます。

黒39のスベリに白40と受けたのもまた「大甘」の緩手になります。

黒37,39と白二子への「カカリ+スベリ」が先手になり、悠々と黒41の二間ビラキを打つことができました。

これでは黒が上手く行き過ぎて、白には劣勢の局面を打開するチャンスがありません。

白42~48まで後手を引いてしまったのもいただけません。

左下隅の白石を補強しながら中央へ厚みを蓄えるのに白は「一手」使っています。

劣勢だからこそ、慌てずじっくり打つことも大切でしょう。

とはいえ、勝負所を見定めなくてはあっという間に局面が収束に向かってしまいます。

黒49の押しでは右上隅のシマリから上辺へ「一間ビラキ」するのが実利を伴った手厚い打ち方です。

白50のハネは黒51と切られていけません。

白50では一間に連絡しながら右上隅のシマリに「カタツキ」しておくところでしょう。

白52~72まで白はまたしても「後手」を引いています。

白72を打たなくても白石は生きています。

黒72のアタリは先手になりますが、ヨセとしても大したことはありません。

結果的に黒49の押しが先手となり、さらに黒は右上隅を確定地にしながら中央への厚みを増しました。

こうなると黒の優勢が揺るぎないように見えますが、勝負というものは決着がつくまでわからないものです。

終盤解説

黒73のスベリは白石に響かない緩手であり、地としても「小さい」手になります。

逆に白が左下隅の地を囲った図を想定すれば、大したことないのが分かるはずです。

白74のボウシは消しの好点であり、黒74と打った図との比較によって大きさを図ります。

【碁盤の「≡」設定から「Edit mode」をチェックすることで「検討」することができます】

それぞれの大きさを見比べてみてください。

黒75,77と出て行っても黒79の戻りが必要では打つ意味がありません。

それどころか白の断点を「カケツギ(コスミツケ)」で間に合わされて、貴重な先手を取られてしまいます。

ところが白80,82と何とも眠たくなるような石運びです。

白80のコスミもなるべく打たないほうがよいでしょう。

下辺の三間幅に打ち込む狙いを残さなくては白に勝機はありません。

下手な守りは敵に塩を送るだけです。

黒83~87まで下辺を補強しながら、そのままの勢いで切っていきました。

白88では白89にアテ返すこともできますが、戦いを避けていてはチャンスが訪れません。

無論、黒からしても厚みを攻めに活かさなくてはせっかくの優位がぼやけてしまいます。

黒89とノビた形を一見しただけでは、とても白が戦える態勢とは思えません。

しかしやはり勝負はゲタを履くまで決してわからないものなのです。

この碁は271手まで白の1目半勝ちとなりました。

総評

終局図を見てもらえれば、白の勝因は一目瞭然です。

下辺の黒地が根こそぎ荒らされてなくなっているのがわかります。

黒83,85の形が悪く、白に形の不備を突かれてしまいました。

実は黒87,89と切っていったのが黒の失策となっています。

白90,92と黒石の頭を止めて、白94~98まで黒三子を取り込むことに成功しました。

黒がムキにならずに兵を引いていれば、まだまだ黒の優位は不動のものだったでしょう。

しかしどうにか黒三子を働かせるために黒99~105と策動しています。

白106では白107とアテて、黒二子をオイオトシにすることができます。

ところが白106のほうからアテてしまい、黒107のツギを許してしまいました。

この白の失着が勝負を分ける黒の「大失着」への呼び水となりました。

白108のツケに手を抜いて黒109の抜きを急いだのが黒の敗因です。

白110とノビ込まれて、下辺の収拾がつかなくなりました。

白二子を分断しようにも黒はダメヅマリのため思うようにいきません。

黒のハネダシに対して、白はシチョウに抱えるようにアタリにします。

黒一子の逃げ出しにはアテずにカケることで、黒石をゲタに抱えることができます。

黒109では慌てず騒がず、白108に受けておくべきでした。

負けるときの主な要因は「感情的になる」ことです。

特に石を取られるとムキになって取り返そうと躍起になります。

よく見ると白98まで、黒は白石をどこも取っていません。

石を取らずに地(空間)を取っているからこそ優勢だったのに、石に執着して白四子の取りを急いでしまいました。

実戦的にはよくあることなので、決して他人事ではありません。

「人の振り見て我が振り直せ」のことわざのように他人の失敗を自分のことのように反省しましょう。

そうすることで他人の碁を眺めているだけでも強くなれます。

常に物事を俯瞰して見ながら「自分ならどうするのか?」をよく考えてみてください。

初段の棋譜を解説します!【十七局目】

初段の棋譜を解説します!【十五局目】