「囲碁における厚みとは何か?」について考察していきます。

囲碁における厚み

偏りとバランス

囲碁の理解をより深めるためには「厚み」をよく知らなくてはいけません。

厚みを知ることができれば、初段の壁を超えることができるようになります。

囲碁における厚みとは「攻められる心配のない強い石」のことを指します。

攻められる心配のない石とは「しっかり連絡している」もしくは「眼形がはっきりしている」石のことです。

このような石は「地」になりやすく、また相手の石を攻めるときにも大いに役立ちます。

盤上において申し分のない働きをする「厚み」ですが、実は上手く働かせるのが非常に難しいのです。

盤上の良し悪しは全体の「バランス」によって決まります。

部分的にいくら有利でも全局的には偏っていて不利というケースはごまんとあります。

厚みとは「部分的な偏り」に他なりません。

部分的に強力な厚みができていれば、他の場所が「薄い」可能性が高いでしょう。

よく「厚みは囲わせてもよい」とアドバイスするのは、部分的に重複させても構わないことを意味しています。

序中盤の段階で厚みを「地」にしてしまうと他の場所が手薄になり、全局的なバランスを崩してしまいます。

だからこそ「生きている石の近くは小さい」「厚みに近寄るな」という助言をよく耳にします。

部分的に有利な場所とは全局的にどちらから見ても価値の小さい場所になります。

囲碁はあくまでも盤上全体のバランスを重んじるゲームですから、部分的にどんなに優位に立っても「凝り形」になるだけです。

もちろん部分の厚みが全局に影響を及ぼすほどであれば、その限りではありません。

布石において「実利」vs「厚み」と表現することがあります。

しかし隅のワカレを正確に表すなら「内の厚み」vs「外の厚み」としたほうがしっくりきます。

実利、すなわち地とは「完成された厚み」のことです。

盤端との働きによって空間を形成していますが、働きが極めて「限定的な」ことが特徴となっています。

「外の厚み」と表現している一般的な厚みとは「未知数の厚み」のことです。

厚みの働く先は辺や中央に開かれているので、これから働く「可能性がある」ことが特徴となっています。

つまり「実利」にしても「厚み」にしても全局的には「部分的なもの」でしかありません。

隅にせよ、辺にせよ「実利」と「厚み」のワカレはお互いに「偏り」であり、よって部分は元より全体としても互角のワカレとなります。

私は「大場より急場」という格言には懐疑的な見方をしています。

なぜなら「大場より急場」とは「全体のバランス」よりも「部分の良し悪し」が大事と主張しているに他ならないからです。

場合によっては全局に影響を及ぼすほどの局地戦が行われることもあります。

また部分の損を取り返せるほどの「大場」がなくなっていれば、それはすでに中盤戦に突入しています。

どちらにせよ全体の中に部分があるのは間違いありませんから、部分的な厚みではなく「全局的な厚み」を重視して打つべきでしょう。

全局的な厚みとは一部分が薄くならないようにバランスよく石を配置していくことです。

相手が一カ所にこだわってきたら、その場所は捨てても構いません。

あくまでも「相対的に」バランスが取れていればよいのです。

相対的な評価

厚みとは平たく言えば「石数の多い」状態のことを指します。

だからこそ「しっかり連絡している」もしくは「眼形がはっきりしている」わけです。

石数の多さは「偏り」でもあり、囲碁において「重複」とは良くない意味でしか使われません。

よく言えば「厚み」、悪く言えば「凝り形」と言ってよいでしょう。

厚みを地として囲うとさらなる「凝り形」になりかねません。

つまり厚みの近くに打つのではなく、厚みから「離れて」打ったほうがよいのです。

また相手の石を「厚みに近づかせる」ことも同じように効果があります。

なぜなら「自分から見て価値のない場所」は「相手から見ても価値のない場所」と言って差し支えないからです。

「厚みは攻めに活かす」というのは、戦いの基本戦略となります。

攻めとは「相手に地(眼)を作らせない」動きのことです。

厚みができるとあともう一歩で地になるため、どうしても「自分の地を作ろう」としてしまいがちです。

その誘惑をグッと堪えなくてはいけません。

プロ棋士ですら目先の実利を追って、全局のバランスを崩してしまうものです。

ひと昔前は「実利派」といって許容されていましたが、AIが人間の碁を上回ってからはそんな戯言は通用しなくなりました。

特にZenの打ち碁はアマチュアにもわかりやすい「バランスのよい」とても綺麗な打ち方をしています。

プロ棋士の棋譜を解説します!【三局目】

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

厚みを攻めに活かすときに気を付けなければならないのは、どれくらいの「厚さ」があるのかどうかでしょう。

完璧な厚みであれば、相手の弱石をどんどん厚みに追いやって何ら問題ありません。

しかし厚みが不完全な場合、相手の石が「相対的に」強くなると逆に攻められかねません。

囲碁は常に相手との「相対的な」バランスを見ておくことが大切です。

今のところは「相対的に厚み」であっても、数手先には力関係がひっくり返っている可能性があります。

「石の強弱」の見立てが甘いとすぐに反撃を喰らってしまうでしょう。

かといって厚みを完璧にしようとすれば、その分だけ全局的なバランスを失います。

どうあれ「そこそこの厚み」の状態で戦うしかありません。

これは厚みに限らず、模様にも言えることです。

模様にも段階があり、「勢力」「模様(大模様)」「地模様」「地(確定地)」といった過程を経てようやく囲うことができます。

囲碁における模様とは?

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

厚みも同様に以下の段階に分かれます。

「レベル1の厚み(連絡)」

「レベル2の厚み(壁)」

「レベル3の厚み(眼形)」

「レベル4の厚み(地)」

このように最終的な「レベル4の厚み(地)」になるまでは相応の手間がかかります。

模様にしても厚みにしても「地」が最終到達地点であり、盤上すべての「地」が確定した段階で終局となります。

先ほど触れた「実利」vs「厚み」のワカレはいわば「レベル4(地)」vs「レベル2(壁)」と言ってよいでしょう。

レベル4のほうが「完成された厚み」ですが、働きは盤端に制限されています。

レベル2のほうが「可能性がある厚み」ですが、展開によっては「薄み」になりかねません。

AlphaGoの「単三々入り」が画期的だったのは、「レベル2の厚み(壁)」を「まだ完全ではありませんよ」と主張したところにあります。

周りの状況次第では「薄み」にもなりますし、早い段階で守らせれば「凝り形」にすることもできます。

すべては「相対的な」ことですから、厚みの評価に「絶対」というのは「地(最終段階)」以外にはあり得ないのです。

全局的な価値観

実戦で厚みを意識して打てるかどうかによって棋力に決定的な差が生じます。

級位者と有段者の違いは「厚みを意識している」かどうかであり、初段の壁を突破できるかどうかの基準でもあります。

「厚み」という表現がしっくりこないのであれば「石の強弱」と置き換えてもよいでしょう。

「強い石」のことを「厚み」と言い、「弱い石」のことを「薄み」と言います。

またヨセにおける「形勢の良し悪し」にも「厚み」という言葉が使われています。

よく「半目厚い」「半目薄い」と言うのは、「半目勝っている」「半目負けている」ことを表しています。

「勝ち負け」は勝負が終わるまでわかりませんから、少々濁すような表現として「厚い(良い)」「薄い(悪い)」という使い方をしているのです。

布石、中盤では純粋に「石の強弱」を表す言葉として使われています。

断点があったり、切られて石がバラバラだったり、あるいは包囲されそうな状況の時は「薄い」と表現します。

逆に断点がなく、石が連絡していて、当分の間は包囲されそうもない状況の時は「厚い」と表現します。

「石の強弱」と「厚み」の価値観は少しだけ異なります。

石の強弱とは「ダメヅマリ(アタリ)」「死活(眼形)」を見ており、部分的な形の良し悪しで判断しています。

それに対して厚みとは「石数」「石の並び」を見ており、全局的な形の良し悪しで判断しています。

この2つは同じようでいて、若干ニュアンスに差があります。

囲碁は「形」が極めて重要なゲームであり、いくら石数が多くても「形」が崩れていてはどうしようもありません。

厚みも部分的には「ダメヅマリ(アタリ)」や「死活(眼形)」になっていないかをチェックしますが、やはり全局的な「石数」や「石の並び」などの石の配置の方が重視されます。

盤上のどこにどれだけの「力(厚み)」を蓄えているのかによって、全体の石運びを考えます。

級位者でも1級~5級くらいの方なら「石の強弱」を意識しながら打っていることでしょう。

しかし「ダメヅマリ(アタリ)」や「死活(眼形)」など、部分的なことしか見えていないようでは初段にはなれません。

有段者の方は「石数」や「石の並び」など、全局的な石の配置を意図せずとも意識しながら打っています。

要するに「全体を見ながら戦っている」というわけです。

いくら局地戦で成果を上げようが、元の厚みからすると「たいした戦果ではない」可能性があります。

元々「石数の多い」場所であれば、相応の成果を上げるのは当然のことでしょう。

相対的に「石数の少ない」場所で戦いが起こり、もし相手の石を召し取ってしまえば「大成功」と言っても過言ではありません。

よく「石の強弱が大事」と言われますが、「厚み」に基づく「石の強弱」を客観的に評価しなければ意味がありません。

これくらいの「石数」や「石の並び」なら「石の強弱」はこんなものだろう。

といった具合です。

厚みと石の強弱はほとんど同じ意味として捉えても構いませんが、「全局的なバランス」を忘れてはいけません。

級位者の攻めは「切断」したり「分断」するといったような直接的な打ち方が多く、局地戦に終始することも少なくありません。

それに比べて有段者の攻めは「包囲」して「封鎖」するといったように大局的な視点で盤上を捉えています。

切断したり分断する攻め方は「ダメヅマリ(アタリ)」に導きやすく、手筋や死活にもなりやすいでしょう。

包囲して封鎖する攻め方は「殺しますよ」と脅しながら、その実「生かして凝り形にする」ことを目指しています。

つまり「相手に(大きな)地を作らせない」「小さく囲わせる」といった攻め方になります。

これは「石の強弱」の見方とは異なり、「厚み」を段階分けして「地(最終的な厚み)」を意識した打ち方なのです。

部分的な「石」の強弱ではなく、全局的な「地」の強弱に他なりません。

この2つは突き詰めると同じことですが、上達するためには両方の視点を持って盤上を捉えることが必要不可欠です。

囲碁における地とは?

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

厚みとは石から地へと至る過程を示す1つの指標に過ぎません。

模様もまた然りです。

厚みとは囲碁における「概念」の1つであり、「先手」もまた然りです。

囲碁における先手とは?

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

物事の捉え方が人それぞれであるように、盤上の石をどう捉えるのかはあなた次第でしょう。

厚みを知ることは、囲碁をより深く理解するのと同義です。

わからないものを理解しようとする姿勢こそ、囲碁を学ぶ上で最も重要なことなのです。

日々の対局を通して、少しずつ囲碁に対する理解を深めていきましょう!