「囲碁における棋風とは何か?」について考察していきます。

囲碁における棋風

性格の体現

「あなたはどんな碁を打ちますか?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

プロ棋士の棋風を語るときには以下のような表現がよく使われます。

・実利派

・厚み派

・模様派

・乱戦派

・オールラウンダー

この中でも特に「実利派」と「厚み派」に大きく分かれます。

最近の若手棋士は「オールラウンダー」が多く、「異名」が付くような偏った打ち方はしません。

ひと昔前の棋士なら「殺し屋」加藤正夫、「コンピュータ」石田芳夫、「宇宙流」武宮正樹など、その棋士独特の打ち方を表す異名が付けられていました。

他にも大竹英雄の「大竹美学」、坂田栄男の「カミソリ坂田」、淡路修三の「ロッキー」、工藤紀夫の「眠狂四郎」なんて異名もあります。

囲碁の長所は短所にもなり得るので、必ずしも突出した得意分野があると良いわけではありません。

しかし棋風というのは個人の性格を如実に表しています。

私自身の棋風を表すなら「適当」という言葉がよく当てはまります。

良いときは「適当」なさじ加減で勝ちを呼び込みます。

悪いときは「テキトー」な打ち方で負けてしまいます。

「良い加減」と「いいかげん」の違いのようなものですね。

上手くいくときは本来の言葉通りに良くなりますが、ダメなときは雑な言葉通りに悪くなります。

最初に示した代表的な棋風に当てはめるなら「模様派」といったところでしょう。

カッチリした碁は苦手なので、何となく勢力を模様にして流れのままに打っていく感じです。

もちろん「置き碁」の白番・黒番といったように条件が変われば、打ち方も変わります。

私の場合は白番なら「乱戦派」になり、黒番なら「厚み派」になります。

棋力差が大きく離れているときは「オールラウンダー」として何でも打つことができます。

自分自身の棋風を知ることは長所と短所を知ることであり、上達するには欠かせません。

ちなみに棋風はその人の性格を表しているので、初心者の頃からすでに決まっているのです。

「石を取る」だけでは棋風を推し測ることはできませんが、「地を囲う」こともできるようになると盤上に個性が現れてきます。

大別するなら「感覚派」と「理論派」に分かれます。

「感覚派」は後の「模様派」と「乱戦派」のことです。

「理論派」は後の「実利派」と「厚み派」のことです。

プロ棋士で感覚派の代表といえば「武宮正樹九段」でしょう。

武宮九段は「宇宙流」の異名を持つ「模様派」であり、大局観に優れた明るい打ち方をします。

一方、理論派の代表といえば「石田芳夫九段」でしょう。

石田九段は「コンピュータ」の異名を持つ「実利派」であり、部分戦の読みに優れた辛い打ち方をします。

棋力の向上に伴ってより正確に棋風を判別することができますが、初心者の時点でもおおよその傾向を把握することはできます。

また、必ずしも「感覚派」→「模様派」or「乱戦派」となるわけではありません。

師事する先生であったり、愛読する棋書次第で「考え方」が左右されます。

元々持っている性格+学びから得た知識によって、その後の「棋風」が決まっていくのです。

棋風による上達のしやすさ

あなた自身の元々持っている「性格」が囲碁における「棋風」となるわけですが、棋力とは何の関係もありません。

性格が良かろうが悪かろうが、勝ち負けや強さといったものはまったくの別次元です。

ところが「上達のしやすさ」とは無関係ではありません。

私は根っからの「理論派」ですが、最終的な棋風は「感覚派」になっています。

アマ六段となった今では独自の「理論」や「囲碁観」を持っていますが、実戦ではその通りに打ちたくない「あまのじゃく」でもあります。

結局のところ強くなってしまえば、どんな性格や打ち方であろうと構わないでしょう。

しかし経験上、性格によって上達のスピードが異なることは十分あり得ます。

では、上達するうえで「感覚派」と「理論派」のどちらが有利なのでしょうか?

私の中でその答えは決まっています。

級位者なら「感覚派」のほうが上達しやすく、有段者なら「理論派」のほうが上達しやすいのです。

これには一定の根拠があります。

囲碁は「完全情報ゲーム」の部類に入ります。

トランプのような「不完全情報ゲーム」とは違い、すべての情報が盤上に開示されています。

相手の手の内はすべて盤上に公開されていますから、あとは情報を整理して今後の展開を予想すればよいだけです。

とはいえ、囲碁というゲームの情報量は膨大であり、とても級位者が処理できるものではありません。

だからこそ「感覚的に」盤上を捉えていくことが必要になります。

私は根っからの理論派なので、盤上を感覚的に捉えることがどうしてもできませんでした。

級位者の頃は棋譜並べもほとんどしていません。

なぜなら「どうしてここに打ったのか?」という解説が少なく、納得いかないことには次に進めなかったからです。

現在、同じく高段者の友人曰く「棋譜並べは感覚を養うものだから、何も考えずに並べれば良い」とのことでした。

このアドバイスをもらったのは三段くらいになってからですが、級位者の当時は「何も考えずに並べる」ことがどうしてもできなかったのです。

これは上達するうえで大きなマイナスになります。

「やるか」「やらないか」によって「上達するのか」「しないのか」が決まります。

「着手の根拠がわからないから棋譜並べしません」では自ら上達を拒んでいるのと変わりありません。

逆に答えの明確な「詰碁」はかなり捗りました。

答えを見ても意味がわからない「難しい詰碁」はまったくできませんでしたが、答えのわかる範囲内の「やや難しい詰碁」であれば解くことを苦にしませんでした。

とにかく有段者になるまでは「囲碁」というゲームの情報を集めるのに必死でした。

自分の1つで考えられるだけの情報さえ集めれば、あとは推理小説のように情報を1つ1つ整理しながら解いていくだけです。

この「情報収集」をするのにどの情報が「有益である」のか、なんて分かるはずもありません。

そういうことを「感覚的に」捉えることができれば、より簡単に情報を集めることができたはずです。

「良い」と思ったものを素直に受け入れることができるのが、「感覚派」の良いところではないでしょうか?

しかし有段者になると「感覚だけ」では盤上をアバウトに捉えることしかできず、上達するのに苦戦を強いられます。

囲碁はあくまでも「考える」ゲームですから、知識を基に自分の頭で理論を組み立てていかなければなりません。

私は有段者になってから理論的にいろいろ試せるようになったので、盤上における「トライ&エラー」をしやすくなったと考えています。

最終的には囲碁が「広すぎて」「深すぎる」と理解したので、「適当」「良い加減」をモットーにした「感覚派」の棋風へと進化しました。

人それぞれの性格はそう簡単に変わりませんから、あなたの性分に合った学び方を考えてみるとよいでしょう。

棋風による勉強方法

あなた自身の棋風を知ることができれば、それに見合った上達法を見つけることもできます。

自己診断できない方は上手の方に聞いてみましょう。

下手が上手の棋風を推し測ることはできませんが、上手ならより鮮明に盤上が見えているはずなので答えることができます。

なるべく棋力の高い、ぜいたくを言えば教えるのが上手い人に聞いてみてください。

己を知ることは上達するだけではなく、囲碁に勝つためにも必要不可欠なことです。

なぜなら盤上の真理を解き明かすことはできずとも、己と相手を知ることは決して不可能ではないからです。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」とは「孫子の兵法」に記されている有名な言葉です。

囲碁は知り合いでない限り、毎局ごとに相手が異なるので「彼を知り」というのは難しいでしょう。

しかし「己を知れば」ということを実践することはできます。

自分自身の棋力を自己診断する客観的な手法は「検討」をおいて他にありません。

検討することで対局中には自覚し得なかった自分自身の「癖」や「傾向」を探り出すことができます。

検討には「並べ返し」が不可欠ですから、碁会所などの出先で打つ方は碁罫紙を持参して対局を記録してみましょう。

対局前に一言断っていれば、対局中に記録するのも失礼には当たりません。

ちなみに並べ返しは「慣れ」ですから、慣れれば局後に1手目からすべてを書き記すことができるようになります。

打ち碁の並べ返しができますか?

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

あなたの棋風が判明したら、今度はそれに見合った勉強方法を考えていきます。

理論派の方であれば、明確に答えの出る分野を勉強するとよいでしょう。

「詰碁」や「ヨセ」あるいは「定石」など、良し悪しのはっきりした分野に取り組むことで考え方を整理しやすくなります。

感覚派の方であれば、様々な打ち方ができる分野を勉強するとよいでしょう。

「布石」や「棋譜並べ」あるいは「手筋」など、良し悪しの曖昧な分野に取り組むことで自由な発想で打ちやすくなります。

「定石」は正解の決まっていない分野であり、「手筋」は正解の決まっている分野であると主張する方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら上達の過程において定石は「覚えるもの」であり、手筋は「考えるもの」であります。

定石は形を覚えた上で「一度忘れて、自分の頭で考える」ことが大切なのです。

手筋は「アテ方」を考えながら問題を解いた上で「自分の頭に落とし込む」ことが大切になります。

最終的には「自分の頭で定石を考える」「考えずとも手筋が見える」ようにならなくてはいけません。

そのためには、ひとまず「定石を覚える」そして「手筋(アテ方)を考える」必要があります。

「詰碁」に関しては、考えるよりも覚えてしまったほうが手っ取り早いでしょう。

手筋と違い、実戦的に生じる死活と問題集の形に差はほとんどありません。

手筋とは「アテ方、全般」のことを指しています。

生き死には大抵の場合、隅と辺で起こり得るため同じような形になることが多いのです。

理論派、感覚派ともに言えることは「苦手分野を克服する」よりも「得意分野を伸ばす」ほうがはるかに効率よく上達することができます。

学校の勉強のように教科書の範囲が限られたものであれば、すべての教科を網羅することも難しくありません。

しかし囲碁のように盤上における変化が無数に広がっていては、とてもすべての分野を学び尽すことは到底不可能でしょう。

だいたい「7対3」くらいの割合で得意分野と苦手分野を勉強していくのが最も効果的です。

コツコツ得意な分野を伸ばしていくことで、慌てずに自信を持って打つことができます。

その自信が「勝利」を呼び込み、勝つことによってモチベーションがアップして上達へとつながるのです。

己の棋風を知り、得意分野を見つけることで囲碁をもっと楽しく打てるようになります。

「好きこそ物の上手なれ」のことわざ通り、楽しく学び上達を目指しましょう!