「どのように利かしを活用するのか?」について考察していきます。

囲碁における利かしの活用法

利かしとは?

利かしとは囲碁用語であり

“相手が応ぜざるを得ず、しかも将来のはたらきを含んだ手”

と定義されています。

利かす、利かされるというのはプロ棋士は勿論、アマチュアでは有段者以上の方がよく使う言葉になります。

級位者の方では「将来のはたらきを含んだ」の部分を満たすことが難しいのではないでしょうか。

利かしで一番代表的なものは「ノゾキ」です。

一間トビやカケツギに対するノゾキが多く、その目的は相手の石を「重くする」ことにあります。

重くするとはすなわち「強くする」ことでもあるため、周囲の状況をよく把握した上で利かすかどうか判断します。

利かしを適切に打てるようになれば有段者、利かしに反発できるようになれば高段者と見てよいでしょう。

利かしは「先手」やいわゆる「交換」とは違います。

先手とは「相手が応じざるを得ず」の部分であり、交換は「相手が受けてくれた」というニュアンスになります。

もっともわかりやすい交換は布石の「カカリ」と「受け」でしょう。

カカリは必ずしも先手ではありませんし、受けと換わって得しているかどうかも分かりません。

ゆえにカカリと受けを「換わる」と表現します。

ちなみに「カカリを一本利かしてから、中国流に構える」と言うこともあります。

これはカカリと受けの交換を「得している」と見なしているからに他なりません。

とはいえ布石の段階で「得しているかどうか」というのは眉唾ものだと考えてよいでしょう。

囲碁では「有限の分野」と「無限の分野」があり、利かしは「有限の分野」と言えます。

囲碁における有限とはすなわち「石」のことであり、ダメヅマリや眼形の有無によって筋や形の良し悪しを判断します。

地(空間)は無限に変化する余地がありますから、得したかどうかの判断を下すのは到底不可能でしょう。

小目の小ゲイマジマリへの利かしも、石の形を見て「重複している」と判断しています。

利かしかどうか、つまり「得したかどうか」を判断するには、手筋や死活に明るくなくてはいけません。

なぜなら利かしに行って「手抜き」される恐れがあるからです。

相手が受けてくれれば愚形や重複形を主張できますが、手抜きや反発をされると必然的に「戦い」になります。

利かしの難しいところはまさにこの部分であり、常に戦う可能性を含んでいます。

利かしは棋力によって扱い方が異なります。

目安としては次の通りです。

「級位者」

相手が応じざるを得ないように打つ(先手)

「有段者」

将来のはたらきを含んだ打ち方をする(攻め)

「高段者」

反撃される可能性を意識しながら打つ(反発)

級位者の方は良くも悪くも「応じさせる」ように打つのがコツです。

無論、不要な「出」を利かしてダメヅマリになる(損をする)こともしばしばあります。

とはいえ「受けさせる」「言うことを聞かせる」という感覚を養うには果敢にチャレンジするしかありません。

そのうち「将来のはたらき」がわかるようになれば、もう有段者の域に達しています。

攻めとは「利かしの連打」と同じであり、つまり先手で得しながら打つということです。

囲碁における先手とは?

囲碁における攻めとは?

※興味のある方はこちらも合わせてご覧ください。

さらにより高度な「手抜き」や「反発」によって簡単に得させないように打つのが高段者の打ち筋になります。

技術もさることながら「言うことを聞かない」「利かされない」という気持ちの面も着手に大きく反映されています。

プロの対局など「利かし」と「反発」ばかりでしょう。

ある意味、相手を信用している(変な手を打って来ない)からできることでもあります。

級位者の場合はお互いに「変な手(損する打ち方)」である可能性がありますから、下手に抵抗せず受けるのもまた作戦の内と言えるでしょう。

好循環を生む

利かしとは相手に「言うことを聞かせる」という点において非常に重要な役割を果たしています。

特に「ヨセ」では「先手」が大きな意味を持ちますから、それまでの戦いで「利かしの主導権」を握ることは大いに役立ちます。

置き碁では「上手有利」が常識となっています。

上手有利の最大の要因は「利かす立場」「利かされる立場」が明確となっているためでしょう。

プロ棋士やアマ高段者相手に級位者の方が置き碁で対局するのなら、3,40目ヨセられるなんてザラにあります。

何子局であっても「利かされる人」はいくら置いても上手にはまず勝てません。

逆に「利かされない人」は上手にとってこの上なく厄介なものです。

置き碁で上手が打つ常とう手段の1つに「ツケ」があります。

ツケの目的は「利きを増やす」ことであり、すなわち「アタリ(ダメヅマリ)」を狙うことでもあります。

「アタリ」とは囲碁における強力な「利かし」の1つになります。

もちろん下手なアタリは相手の石を強くするだけの「愚手」に他なりません。

「アタリアタリはヘボ碁の見本」とはよく言ったものです。

大切なのはアタリのような「利き筋」を横目に打ち回すテクニックでしょう。

利き筋を使うときは当然ながら「適切なタイミング」を計らなくてはなりません。

上手はそこら辺の機微を熟知しているので、下手よりもはるかに多くの「利かし」を打ちこなすことができます。

上手の利かしに対抗する唯一の手段は「捨て石」しかありません。

級位者の方は「死んでから」手を止めて考えることが多く、積極的に「死にに行く」ようなことはしません。

「石が死ぬ=マイナス」という図式が頭に刷り込まれているからです。

しかし石が死ぬことは決して悪いことばかりではありません。

囲碁には「死んだほうがマシ」という状況がいくらでも存在します。

例えば、大石を取られたら「30目損する」状況だったとしましょう。

この場合、多くの方が大石を生きようとしますが、実は周囲の状況次第では捨てたほうが勝ります。

そもそも生きようとするのは「後手」であり、あちこちから「利かされる」のは間違いありません。

1手打つごとに少しずつ得をされては、あっという間に30目以上の得を許すこともあり得ます。

人は自分の損には敏感でも、相手の得には無頓着なものです。

ヨセに限らず、すべての着手は「出入り」によって良し悪しが決まります。

いくら大石を生き延びたとしても、その間に利益を積み重ねられては元も子もありません。

発想を変えて「死ぬ」ことで、大石を生きなくてはならない責任から解放されます。

それはつまり「先手」であり、何も「利かされない」ことでもあります。

なおかつ相手に「取らなければならない」責任を負わせることもできます。

大石を取るのは「後手」であり、取りきるためにはあらゆる「利かし」を甘んじて受けなくてはなりません。

石を取ったり、生きたりすることだけが「芸」ではありません。

むしろ「利き」の有無、多少によって生きるかどうか、また取るかどうかを判断します。

なるべく「利き筋」を少なくして石を取るのが理想的です。

「味」が残っていたり、「含み」を持たされるような格好では取っても得しないことが多いでしょう。

よい利かしとは「含みを持たせる」ものであり、悪い利かしとは「味消し」のようなものを言います。

どちらも「石の良し悪し」を理解していないと上手く語れないものです。

結局のところ利かすには「手筋」および「死活」への習熟が欠かせない要素になります。

この2つが未熟だと「狙い」を持つことができず、せっかくの利きも無用の長物と化してしまいます。

あくまでも「狙い」があるからこそ「利かざるを得ない」というのが、利きの根本的な着想になっています。

そして利かしたら「次」また利かしたら「次」へと利かし続けていくのが、相手に付け入る隙を与えない好循環を生むことになります。

戦いのきっかけ

利かしとは「様子見」として打たれることもあります。

その場合は「利かし一本」で止めておくのがセオリーとなります。

「カカリ一本」「ツケ一発」など相手の受け方を聞いてから、周囲の打ち方を決めるのが目的です。

様子見とは利かしにおいて最も「高度なテクニック」に他なりません。

相手の着手に応じて打ち方を変える必要があるため、読みも一本調子ではいけません。

相手に対してこちらから積極的に「選択を迫る」わけですから、一貫した作戦よりも柔軟な対応力が求められます。

通常の利かしを「先手」とするなら、様子見の利かしは「後の先」といったところでしょうか。

囲碁的には利かしは「黒番の発想」であり、様子見は「白番の発想」となります。

自分の思惑通りに計画を進めていくのが「黒番の発想」と言えるでしょう。

それに比べて、相手の打ち方に合わせて手を変えていくのが「白番の発想」と言えます。

先ほど利かしに反発するのが「高段者」と言いましたが、その反発を見越して利かす(様子を聞く)のが「プロ」というものです。

棋力ごとに利かしの扱いは次のようになります。

「級位者」

相手が応じざるを得ないように打つ(先手)

「有段者」

将来のはたらきを含んだ打ち方をする(攻め)

「高段者」

反撃される可能性を意識しながら打つ(反発)

「プロ棋士」

何パターンもの反発を予想して打つ(様子見)

高段者とプロ棋士の違いは読みの深さと言ってよいでしょう。

プロ棋士は一本調子で読むのではなく、あらゆるパターンを想定しながら打っています。

級位者を「一手読み」有段者を「三手読み」高段者を「五手読み」とした場合、プロ棋士は「複数手読み」という感じです。

囲碁というゲームの性質上、タテに深く読むよりヨコに広く読んだほうが効果的なのは間違いありません。

その読み筋の「きっかけ」として様子見を打つのが、より良い着手を探す手がかりとなります。

戦いが高度になるにつれ、お互いに「機先を制す」ために利かしながら「けん制し合う」といったことが起こります。

ボクシングで言うところの「ジャブ」のようなものであり、「左(ジャブ)を制す者は世界を制す」という格言はあまりにも有名です。

この格言を「利かしを制する者は盤上を制す」と言い換えても何らおかしくはありません。

それほどまでに「利かし」とは戦いにおける「きっかけ」として重要な役割を果たします。

級位者、あるいは有段者のあなたはいつも戦うきっかけが「いいかげん」ではありませんか?

戦う必然性が高いかどうかは「碁の質」に直結するとても大切な要素となります。

布石はお互いに「見合い」ですから、さほど大きな差が付くことはありません。

つまり「地(空間)」をきっかけとして戦い始めるのは、意外とナンセンスな打ち方なのです。

最終的に地(空間)を多く確保するためには、「石の形」をより良くすることが必須でしょう。

当然ながら「相手よりも」ということですから、戦うきっかけは「石の形の崩し合い」に他なりません。

実力が拮抗した相手なら、すぐに石を取ったり愚形に導くことは困難を極めます。

そこで徐々に態勢を崩すために「ジャブ(様子見)」の応酬が効果的になります。

様子見(利かし)とは思惑通りになれば必ず「得する」というのが絶対条件です。

すなわち得させないためには反発せざるを得ず、必然的に戦いに突入します。

プロの碁を見ると、ほとんどそのパターンで中盤戦に入っています。

有段者の碁も形を崩されないように、または崩すために争って戦いに入る場合が多いでしょう。

大切なのは「得をしよう」とする心構えです。

級位者の方は「損をしないように」と考えてしまいがちですが、それでは「後手」で守らざるを得なくなります。

基本的な着想は「先手で得しよう!」ということです。

もちろん後手でしっかり守ることも大切ですが、それは「利き筋」をなくして次に「相手の弱点」を狙うためのものでしょう。

強い人は常に「狙い」を持ち続けながら打っています。

その狙いを生み出すには「利かし」を上手く活用することが必要不可欠となります。

難しいからといって敬遠せず、上達するために積極的にどんどん利かしてみましょう。

少しでも利かしの機微を理解できたとき、あなたは上達のさらなる高みへと登っているかもしれません。